サクッとおいしいメンチカツ
メイプルストーリーのもみじサーバで、のんびりスナイパーを育てています 週刊メンチカツの記録。基本、週初めに更新です。
CALENDER
12 | 2000/01 | 02
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
著者:oメンチカツo
  • 著者:oメンチカツo
  • もみじサーバで弩師をやってます。
    LV200 弩師(14/7/15時点)

    REDアップデートで生まれ変わりました。
    でもSTR90のままなのはご愛嬌…
    溜まりに溜まったクエストは地道に消化中。
    弩師が楽しくて仕方ない今日この頃。

    クリックして歳差さんのブログへGo!
    歳差さんに頂きました!
    エレガントでキュートでチャーミングだけど
    ちょっぴりミステリアスなメンチの
    雰囲気がバッチリ!ありがとです~

    いつか更新予定
     Flash作成講座(勉強中)

    基本は週1更新!
  • RSS1.0
CATEGORY
MAPLE STORY LINKS

Thanks!
リンク集のサーババナーは、みゅこ*ろぐさんが提供されている主張ミニバナーを利用させて頂きました!
すばらしいバナーを提供されているみゅこさんに感謝、感謝です!


サクッとおいしいメンチカツ」はリンクフリーです。
リンクはご自由に貼ってください。

banner01.png薄荷さん作成)

相互リンクの申し込みも随時受け付けております。リンクを貼った後、貴方ブログのURI活動サーバを教えてください。

当ブログの記事内容および画像の転載は、常識的な範囲内であれば問題ありません。
その際、「出典:サクッとおいしいメンチカツ」と明記およびリンクを貼って頂くことを希望します。
また、コメントもしくはトラックバックにて連絡頂ければ幸いです。

メイプルのプレイ画像については、ネクソンジャパンの「著作物利用のガイドライン」に準拠します。

SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
メイプル動画 作成講座
ここでは、ゲームの動画作成を簡単に説明します。

出来上がりはこんな感じ。



静止画にアニメーション効果を付けて作成するフォトムービーの作成講座はコチラからどうぞ!


まずは「とりあえずメイプル動画を作成してみたいっ!」という方を対象にしています。
正直、自分もあまり詳しく理解しきれていない所もあり、解かりにくい点も
いろいろとあると思いますが、よろしくお願いします。

前提条件
 ・OSに WindowsXPを使用し、サービスパック2(SP2)を適用している
 ・使用しているパソコンは、それなりの性能、それなりのメモリ、それなりのハードディスクがある
 ・パソコンの基本的な動作基本的な用語が理解できる。もしくは理解しようと努力できる。
 ・多少の困難を乗り越えてでも、動画を作成したい情熱を持っている

 正直、普通にメイプルされている皆様なら、ほぼ問題ないかと思います (^^;

利用ソフト
 ・Microsoft Windows Media エンコーダ (無料!)
 ・Microsoft ムービーメーカー (無料!)

  もしくは

 ・fraps (機能制限版 無料!)
 ・Microsoft ムービーメーカー (無料!)

 まずは大前提として「無料ソフトを使用する」がベースとなっています。
 有料の良質ソフトを使う事で、より簡単により美しく仕上げる事もできますが
 まずは無料で体験し、本格的に始めたいと思ったときに より高性能のソフト購入を考えてはどうでしょうか。

当講座で使用しているPCのスペック 
OS WindowsXP Home SP2
CPU Celeron 2.80 Ghz
メモリ 1024MB
ビデオ Mobility RADEON 9000IGP (VRAM 128MB)

 2004年頃に発売されたノートPCです。
 最近のPCに比べると2世代位前(?)のスペックで、性能的に少々心もとないですが
 録画中にちょっとラグを感じる位で、十分使用に耐えられます。

その他
 ハードディスクの残容量に注意してください。
 高画質で大体ですが 1分の録画で 7MBの容量が必要になります。
 ハードディスクの空きに余裕がある事を確認してください。

では、さっそく詳細説明に入ります。
焦らず急がず。のんびり行きましょう。



ここでは2種類の動画作成ソフトの使用例を上げています。
お互いに異なった特徴をもっていますので、自分の用途に合った方をご覧下さい。

Windows Media エンコーダ
 長所
  ・長時間の録画が可能
 ・非常に細かい設定が可能
 短所
 ・かなりのPCの性能と、それなりの動画の知識が必要
 ・メイプル中の録画の切り替えが面倒

fraps
 長所
 ・操作が単純で、動作も軽快。
  Windows Media エンコーダが上手く動作しなかったPCでもなめらか動画の可能性大!
 ・メイプル中の録画がキー1つで簡単
 短所
  ・録画時間が30秒しかない(有料レジストすれば制限は解除される)
  ・細かい設定ができない



Windows Media エンコーダを利用した動画作成

工程1.ソフトのインストール
 1-1. Windows Media エンコーダをインストールする
 1-2. ムービーメーカーをインストールする

工程2.動画を録画作成する
 2-1. Windows Media エンコーダの初期設定を行なう
 2-2. 実際に撮影してみる

工程3.ビデオ編集する
 3-1. 動画の不要部分を削除する
 3-2. 場面の切り替え効果を追加する
 3-3. 編集した動画ファイルを保存する

工程4.ブログで公開する
 4. 動画をブログに公開する New !



fraps エンコーダを利用した動画作成

工程1.ソフトのインストール
 1. frapsのインストールと初期設定 New !

工程2.動画を録画作成する
 2. frapsで撮影してみる New !

工程3.ビデオ編集する
 3-1. 動画の不要部分を削除する
 3-2. 場面の切り替え効果を追加する
 3-3. 編集した動画ファイルを保存する

工程4.ブログで公開する
 4. 動画をブログに公開する New !
 4a. 動画をブログに公開する(HTMLで作成編) New !



いかがだったでしょうか?
講座を読んだ感想や実際にやってみた感想。
ココが解かりづらい。などの指摘も随時受け付けております。
こんな事ができないか?といったリクエストにも出来るだけ対応したいと思います。

今後もブラッシュアップを重ねてより良い講座にしていきたいと思っていますので
よろしくお願いします。

メンチカツ



・当講座は私 メンチカツの使用環境をベースに作成されております。
 使用環境やバージョン違いにより、当講座のまま使用できないケースもあると思います。
 コメントを頂ければ、できる範囲で対応はしたいと思いますが
 当方の状況により、対応が出来ない場合もあると思います。ご了承ください。

・わかり難い点がありましたら何でも教えてください。
 随時、修正を行なって「解りやすい講座」を目指したいと思っています。
 ご協力よろしくお願いします。

・内容のそのまま転載はご遠慮ください。
 当ブログへのリンク、当記事へのリンク(トラックバック)は大歓迎です。
 リンクの連絡いただければ、即座に相互をお願いすると思います!

スポンサーサイト
【2000/01/31 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(1) | COMMENT(49)
このページの先頭へ
1-1. Windows Media エンコーダをインストールする
1-1. Windows Media エンコーダをインストールする

まずはビデオ録画に使用する「Windows Media エンコーダ」をダウンロードします。
現時点(06/08/01)で最新の「Windows Media エンコーダ 9 シリーズ」を使用します。

まずは、 Windows Media ダウンロード センター を表示してください。
(クリックでページが開きます)
マイクロソフトのページが表示されたら
WME_Setup01.png

Download Now」ボタンをポチっとな。

ダウンロードされたセットアッププログラム(WMEncoder.exe)を実行してください。

基本は「次へ」をクリックでOKです。
WME_Setup02.png

WME_Setup03.png

WME_Setup04.png

WME_Setup05.png

WME_Setup06.png

WME_Setup07.png

この辺りは無問題と思います。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・
【2000/01/30 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
1-2. ムービーメーカーをインストールする
1-2. ムービーメーカーをインストールする

こちらは WindowsXP のサービスパック2(SP2)を適用していれば
既に入っているのではないかと思います。
少なくともメンチのPCには、意識せず入っていました。

まずは [スタート]-[プログラム(P)]で登録されているかをチェック。
WMM_Setup01.png
登録されていればこのステップは必要ありません。

入っていれば、次のステップへGo!

入っていない場合は、サービスパック2(SP2)が適用されていないと思われます。

SP2が適用済みかどうかを確認するには、エクスプローラのメニューから
[ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]を選んで・・・
WMM_Setup02.png
こうなっていれば適用済みです。

SP2が適用されていない場合は・・・
Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載 を参照ください。

SP2が入っているのにムービーメーカーがない場合は・・・
Microsoft Update からダウンロードしてください。

詳細は Microsoft WindowsXP : Windows ムービー メーカー 2.1 ダウンロード
確認してみてください。

メンチの環境では前記の通り、インストール済みでしたので
どのようにセットアップされるかは再現できませんでした。。。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・
【2000/01/29 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2-1. Windows Media エンコーダの初期設定を行なう
2-1. Windows Media エンコーダの初期設定を行なう

ソフトのインストールが完了したら、さっそく起動してみましょう。
ちなみにこの初期設定は、メンチの環境をベースに行なっています。

このあたりの設定は、PCの性能と使用目的によって色々と変わってくると思いますので
いろいろと試してみて各々のベストな設定を探してみてください。

では、さっそく Windows Mediaエンコーダ(以降、WMエンコーダ)を起動してみてください。
[スタート]-[Windows Media エンコーダ]-Windows Media エンコーダをクリック。
WME_Config01.png

では、以降はメンチの設定です。

まず、「新しいセッション」という画面が出てきたと思います。
ここで初期設定を行ないますので、「ユーザー設定のセッション」を選択してください。
WME_Config02.png

セッションのプロパティ」が開きますので、ここで各種設定を行います。
まずは "ソース"タブの設定からです。
WME_Config03.png
"ビデオ"を「画面の取り込み」とし、右の[構成]ボタンをクリック。

WME_Config04.png
画面の取り込みのプロパティ」が開きますので
"取り込み元"を、" <画面の領域> " に変更して
右下の"幅 x 高さ" を 800600 に変更して、[OK]ボタンをクリック。


次に "出力"タブの設定です。
WME_Config05.png
"エンコーダからプル"のチェックを外して
"ファイルにエンコード"にチェックを入れます

"ファイル名"に、動画ファイルの名前を記述します。
ここでは "C:¥メイプル動画テスト.wmv" としています。
(拡張子 wmv は WMでエンコードされた動画を意味します)


次に "圧縮"タブの設定です。
WME_Config06.png
"ビデオ"から動画の品質を選択します。
ここでは "DVD品質ビデオ (CBR)" を選択しています。

品質が高ければ、綺麗で大きい動画ですが、ファイルサイズが大きくなります。
逆に品質が低ければ、ファイルサイズは小さくなりますが
ガタガタの動画になったり小さい画面の動画になります。

このあたりは録画と変更を繰り返し試してみて
自分のPC性能にあったベストの設定を探してみてください。


録画した動画がカクカクで絵が飛んでいる感じの場合
おそらく録画の画質にPCの性能が付いてきていないのでは?と思われます。

[プロパティ]ボタンを押すと、初期設定で設定した画面が出てきます。
そこで "圧縮"タブの設定にあるビットレートを低い数字に変更してみてください。
たとえば、"ビデオ"を 「DVD品質」から「VHS品質」に変更すると
ビットレートが 464kbpsなどになると思います。

ビットレートを下げると画質が悪くなりますが、その分軽くなります。
この数字をいろいろと変更して、納得できる動作と品質を探してみてください。

ちなみに、私のUPしている動画は 512kbpsです。
(2137kbpsで録画し、編集後に512kbpsに再圧縮しています)

WME_Config06a.png

ベストの設定が見つかる事を祈っています \(^o^)
(06.08.09 追記)



ここまでできたら[適用]ボタンをクリックして、設定内容を確定してください。

最後に設定内容を保存します。
メニューから [ファイル]-[名前を付けて保存]で、設定ファイルを保存してください。
ここでは "メイプル動画設定.wme" としています。

ここまでで、初期設定は完了です。
次はいよいよ、動画の録画です!



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・
【2000/01/28 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2-2. 実際に撮影してみる
2-2. 実際に撮影してみる

設定が終わったら、さっそく録画してみましょう。
録画する手順を追ってみます。

① Windows Media エンコーダの起動
Windows Media エンコーダを起動します。
WME_Config01.png

WME_Config02.png
新しいセッション」が開いたら、[キャンセル]ボタンを押して

WME_Record01.png
[ファイル]-[開く] で、作成しておいた定義ファイルを読み込みます。

② 録画したい場面の準備
メイプルを起動して、録画したい場面の準備します。
ちょっとの間放置になるので、安置へ行きましょう。
戻ってきたら墓ドロップしててその様子を録画。なんて事になったら泣けます・・・

③ デスクトップへ復帰
安置に行ったら、[Alt]+[Tab]でデスクトップへ復帰します。

④ 録画開始
WME_Record02.png
WMエンコーダの [エンコードの開始]ボタンを押して録画開始。
その後、メイプルに復帰します。

⑤ 録画中
録画されているのを意識しつつ、カッコよく立ち回りましょう。

⑥ 演技終了
録画を終わろうと思ったら、再び安置に行って
[Alt]+[Tab]でデスクトップへ復帰します。

⑦ 録画終了
WME_Record03.png
[停止]ボタンを押します。これで録画終了です。

⑧動画の確認
WME_Record04.png
[出力ファイルの再生]ボタンで、録画した動画を確認します。
また、保存された動画ファイルを直接見てもOKです。

納得のいく作品が出来ていたら録画は終了。
イマイチ!と思ったら、何度でもやり直しましょう。

※重要!
 次の録画は同じファイル名で上書きされるので以前録画した内容が消えてしまいます。
 保存しておきたい場合はファイル名を変える等しておきましょう。


ちなみに動画の最初と最後にデスクトップの画像が写っていますが
次のステップで削りますので、気にしないで下さい。

思った以上に簡単だったと思います。
カッコイイ動画は作成できましたか?
ではさらにカッコよくする為に、動画編集を行ないましょう。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/27 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
3-1. 動画の不要部分を削除する
3-1. 動画の不要部分を削除する

先ほど作成した動画ファイルは、「Windows Media エンコーダ」と「メイプルストーリー」を
行き来するので、どうしても動画の最初と最後にデスクトップが写ってしまいます。
また、安置から始まり、安置でおわりますので、内容的にも不要部分があると思います。
これを削除するやり方です。

まず、「Windowsムービーメーカー」を起動します。
MM0101.png


起動したら、動画ファイルをドロップします。
MM0102.png


次に、登録された動画(コレクション)を、下の「ビデオ」にドロップします。
MM0103.png


ここから編集の始まりです。
まず切り取りたい場所をタイムラインで指定するか
右の動画画面の再生で、切り取りしたい場所まで再生して、一時停止します。
MM0104.png


切り取りしたい場所にタイムラインが置かれた状態で、右の動画画面下にある分割ボタンを押すと
そこを境目に、動画が分割されます。
MM0105.png


切り取りしたい動画部分で右クリックし、「削除」で削除されます。
MM0106.png


動画途中の不要部分も同じ手順で削除できます。
ハイライトのみを編集する場合にも、欲しい部分のみをこの手順で纏めていきます。
次は動画の最初/最後に特殊効果を追加してみます。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/26 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
3-2. 場面の切り替え効果を追加する
3-2. 場面の切り替え効果を追加する

前回の作業で不要部分を切り取りした際、場面がパッといきなり切り替わるので
見ていて「あれ?」という感じになってしまいます。

ここでは、場面の切り替えに特殊効果を追加して場面の切り替えをスムーズにするやり方です。

まず、切り替えの基本、フェードイン/フェードアウトの追加です。
ビデオの上で右クリックをします。
MM0201.png


フェードインを追加すると、画像の始まりが黒い画像から始まり、ジワっと画像が始まります。
フェードアウトを追加すると、画像の終わりがジワっと黒い画像になって終わります。

私の作成している動画はこの効果をよく使っています。



次にさらに見栄えの良い切り替え効果を追加してみましょう。
上のメニューからビデオ切り替え効果を選択します。
MM0202.png


たくさんの効果が表示されます。
ダブルクリックで効果の確認ができます。

ここではシャッター(内から)をつかってみます。
効果を動画の間にドロップします。
MM0203.png


これだけです。
効果を追加した結果は右の再生画面で確認できます。


切り替え効果は動画の見栄えを確実にUPします。
センスよく追加していきましょう。ただしやり過ぎには注意です・・・
次は最後に保存する方法です。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/25 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
3-3. 圧縮して保存する
3-3. 編集した動画ファイルを保存する

不要部分を切り取り、編集、特殊効果を追加したら、最後に動画ファイルとして保存します。

左のメニューにある「コンピュータに保存」を選択します。
MM0301.png


ファイル名と保存場所を指定します
MM0302.png


ここで最終的な動画画質とサイズが決まります。
MM0303.png

Webへの公開を考えるのであれば、最大でも2~4MBにおさえるべきと思います。
表示サイズとファイルサイズを確認しながら、設定を決めてください。
だいたい「広帯域用ビデオ(340kbps)」あたりが良い設定にになると思います。

動画ポータルにアップロードする場合には、通常で20~30MB、最大でも100MB以下にするように作成しましょう。

設定を変更する事で、ビデオサイズと画質を変更できます。
名前の隣にある kbps が大きくなれば「サイズ大・画質良」となります。
MM0304.png


あとは保存されるのを待つだけです。
これで画像編集は終了です。
次はWebへ公開する手順です。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/24 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
1. frapsのインストールと初期設定
1. frapsのインストールと初期設定

まずはFraps 公式サイトからプログラムをダウンロードします。
(クリックでページが開きます)

まずは公式サイトから download をポチッとな。
fraps01.png


次にダウンロードのプログラムをポチッとな。
fraps02.png

※記事作成時の最新は FRAPS274.EXE でしたが、バージョンUPにより
上記ファイル名は変更されている場合があります。


ダウンロードしたセットアッププログラムを実行してください。
fraps03.png

fraps04.png

fraps05.png

fraps06.png


これでセットアップは終了です。


次に初期設定を行ないます。frapsを起動すると画面が表示されます。
Movies のタブを選択してしてください。
fraps07.png


設定項目は以下の通りです。
Folder to save movies in
 録画した動画ファイルを保存する場所です。

Video Caputure Hotkey
 録画を開始する時に使うキーです。
 初期値では F9になっていますので、既に別の機能で使っている場合には変更しておきましょう。

Half-size、Full-size
 Full-sizeでそのままのサイズ(メイプルは 800x600)、Half-sizeで半分のサイズ(400x300)で動画を作成します。
 録画中に重くなる場合は、ここをHalf-sizeにすると軽くなります。

30fps~60fps
 1秒間のフレーム数を設定します。数値が高いほどキレイに録画できますが動作も重くなります。
 録画中に重くなる場合は、ここを少ない数字にすると軽くなります。

Record Sound
 動画作成時に音も合わせて作成する場合に設定します。
 音なし動画を作成したい場合や、後で別の音楽を付けて編集したい場合は外してもOKです。

設定する内容はこのくらいです。
fpsは実際に変えながら試してみて、録画中の重さや出来上がった動画の画質を見ながら最適な値を探してみてください。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/23 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2. frapsで撮影してみる
2. frapsで撮影してみる

設定が終わったら、さっそく録画してみましょう。
録画する手順を追ってみます。

① frapsの起動
frapsを起動します。

② メイプルの起動
メイプルを起動すると、画面左上に黄色い数字が表示されていると思います。
fraps08.png

この数字がジャマという場合は、frapsの設定で非表示にする事もできます。

③ 録画開始
録画を開始するには F9(初期設定の場合)を押します。
画面左上の数字が、黄色から赤色に変わったら録画中を意味します。
fraps09.png

30秒で録画は終了し、数字は黄色に戻ります。

録画した動画には、録画した日付と時間が名前に付きますのでファイル名が重複しません。
ですので 30秒録画後、再び F9を押せば別のファイルで録画されます。
納得いくまで撮り続けましょう。

つまり、Windows Media エンコーダの時のように[Alt]+[Tab]でデスクトップに復帰する必要がないので
メイプルの狩りと動画作成をシームレスに行なう事ができます。

録画したファイルは、avi形式の動画ファイルで作成されています。
ビデオ編集は Microsoft ムービーメーカーを利用します。
 3-1. 動画の不要部分を削除する
 3-2. 場面の切り替え効果を追加する
 3-3. 編集した動画ファイルを保存する

動画ポータルにアップロードする場合には、容量を最大でも100MB以下にするように作成しましょう。

動画が完成したら、いよいよブログに公開します。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/22 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
4. 動画をブログに公開する
4. 動画をブログに公開する

いよいよ動画をブログに掲載する方法です。
以前はホームページ用のスペースに FTPでアップロードして、動画用のページを作成して・・・と
とてもに面倒でしたが、最近では YouTubeに代表される動画共有ポータルの無料サービスを利用すると非常に便利です。

無料で利用できる動画ポータルサイトは
YouTube
いまや説明不要の動画共有ポータルの本家。英語サイトですが、規模・ネームバリューは最高。
容量100MB、10分までの動画ファイルを掲載できます。

FlipClip
日本語サービス。自分はココを利用しております。
保存容量無制限、1ヶ月のアップ制限 100MB。普通の利用であれば十分すぎる量です。

MovieCaster
日本語サービス。自分はFlipClipと最後まで比較検討したサービス。
容量100MB、保存容量500MB。容量が足りなくなったら別IDを取得すればOK。

などなど、他にもたくさんありますので自分の用途にあったサービスを探してみてください。


YouTubeでのアップ方法は、解説ページなどが多くありますので割愛します。

これは自分の使っている FlipClipのアップ方法です。
正直、説明しなくてもわかるほど簡単です。

FlipClipにユーザ登録し、ログインします。
メニューより「クリップを作成」を選択します。
flipclip01.png

「デジカメの動画をアップロード」を選択します。
flipclip02.png

作成した動画を選択し、「動画をアップロードする」を選択します。
flipclip03.png

動画がアップロードされ、ブログで公開できる形式(FLV)に自動で変換されます。
flipclip04.png

変換完了後のファイルの情報登録で「プライバシー」を "ブログ公開"、
「貼り付け用ソースの公開」を "公開する" を選択して登録完了します。
flipclip05.png

登録完了後、ブログ用貼り付けソースが表示されますので、これをコピーして
ブログの記事に貼り付ければ、記事内に動画が埋め込まれた形で公開することができます。
flipclip06.png

以上です。
これだけで手軽にブログの記事内で動画を公開する事ができるようになります。

他のサービスは使ったことないので詳細は不明ですが、似たような感じだと思います。
皆さんもお手軽お気軽にブログに動画を掲載してみてはいかがでしょう?



目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/21 00:00】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
4a. 動画をブログに公開する(HTMLで作成)
4a. 動画をブログに公開する(HTMLで作成)

動画をブログに掲載する方法で、動画ポータルサイトを利用せず、自分で動画をアップする方法です。
こちらはWebページを作成する際に使用するHTMLという書式の知識が必要になりますので万人向けではありません。

メリット
・動画ポータルサイトにアップすると動画が劣化してしまいますが、これを防ぐことができる
・公開用ページを独自のレイアウトで作成することができる

デメリット
・無料のWebスペースには容量制限、利用制限がある
・ページを作成するためにHTMLの知識が必要(ホームページビルダー等のツールがあれば便利だが有料)
・動画の再生が閲覧者PCのデコーダに依存するため、古いPCなどでは見れない場合がある


このHTMLの知識を一から説明をするのは大変で、HTMLの知識は書籍やインターネットで多くの情報がありますのでここでは行いません。
ですので、ある程度の知識がある方を対象に説明します。

私はWebスペースに、Yahoo!Japanのジオシティーズを使用しています。
もちろん他のサービスでもかまいませんし、利用しているプロバイダのサービスでもかまいません。

動画形式は一般的なMPEGかWMVあたりが良いと思いますが、形式に特に制限はありません。
ファイルサイズとスペース容量を考えながら、動画ファイルをFTPでアップロードしてください。

次に公開用のページを作成します。
装飾はHTMLのルールに従って作成してください。

実際に動画ファイルをページに埋め込んで再生する書式は以下の様になります。
これはWMVファイルのサンプルです。

<TABLE border="0">
<TR>
<TD>
<EMBED src="動画ファイルのフルパスURL" width="320" height="240" autostart="true" autosize="true" showcontrols="true" playcount="1" autoplay="true" scale="aspect" controller="true" loop="false" type="video/x-ms-wmv">
</TD>
</TR>
</TABLE>


以上です。

ですが、このやり方ですと、ブログとWebページスペースを二重で管理する必要がありますので少々手間がかかります。
動画ポータルサイトのサービスが充実している現在、こちらの方法はあまりオススメではないのかもしれません。。。




目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/20 23:59】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
フォトムービー作成講座
ここでは、フォトムービー作成を簡単に説明します。

出来上がりはこんな感じ。



フォトムービーとは、静止画に『演出』と『音楽』を付けて作成する、動画アルバムです。
特徴としては・・・

・作成にPCパワーを必要としない
ゲーム動画作成は、「ゲーム」という重い動作と、「録画」という重い動作を同時に行いますので、どうしてもPCの性能(パワー)が必要でした。
ですがフォトムービーならスクリーンショット画像(静止画)を使用しますので、PCパワーをあまり必要としません
ゲーム動作を重くする録画ソフトの起動も不要になりますので、ゲーム動作の悪化等も起こりません。

・気軽に、簡単に作成できる
動画録画ですと、まず「録画するつもり」で録画ソフトを事前に起動しておかなければいけません。
ですがフォトムービーですと、スクリーンショット撮影だけ行えば良いので、突発的なシーンでも素材にする事ができます。
また、動画編集にかかる手間も大幅削減。自動作成の機能もありますので、数回クリックするだけで完成してしまいます。

・デジカメアルバムとして普段も活用
今回はゲームのムービー作成として紹介しておりますが、フォトムービーの作成スキルは普段でも大活躍。
いまやデジカメは特別な家電ではなく、誰でも気軽に扱えるものです。
デジカメで撮った画像を友人や家族に渡すときは、画像データやプリントした形で渡すと思いますが
その時にフォトムービーも合わせてプレゼント・・・ってのもいいですよね!



前提条件
 ・OSに WindowsXPを使用し、サービスパック2(SP2)を適用している
 ・使用しているパソコンは、それなりの性能、それなりのメモリ、それなりのハードディスクがある
 ・パソコンの基本的な動作基本的な用語が理解できる。もしくは理解しようと努力できる。
 ・多少の困難を乗り越えてでも、フォトムービーを作成したい情熱を持っている

 正直、普通にメイプルされている皆様なら、ほぼ問題ないかと思います (^^;

利用ソフト
 ・Windows フォトストーリー3 (無料!)

 まずは大前提として「無料ソフトを使用する」がベースとなっています。
 有料の良質ソフトを使う事で、より簡単により美しく仕上げる事もできますが
 まずは無料で体験し、本格的に始めたいと思ったときに より高性能のソフト購入を考えてはどうでしょうか。

では、さっそく詳細説明に入ります。
焦らず急がず。のんびり行きましょう。



Windows フォトストーリー3を利用した動画作成

工程1.ソフトのインストール
 1-1. Windows フォトストーリーをインストールする New !

工程2.まずは作成してみる
 2-1. 自動作成で作成してみる New !

 2-2. 自分で手動設定して作成してみる New !

 2-3. ちょっとした小技で見栄え良く New !

工程3.ブログで公開する
 3. 動画をブログに公開する New !




いかがだったでしょうか?
講座を読んだ感想や実際にやってみた感想。
ココが解かりづらい。などの指摘も随時受け付けております。
こんな事ができないか?といったリクエストにも出来るだけ対応したいと思います。

今後もブラッシュアップを重ねてより良い講座にしていきたいと思っていますので
よろしくお願いします。

メンチカツ



・当講座は私 メンチカツの使用環境をベースに作成されております。
 使用環境やバージョン違いにより、当講座のまま使用できないケースもあると思います。
 コメントを頂ければ、できる範囲で対応はしたいと思いますが
 当方の状況により、対応が出来ない場合もあると思います。ご了承ください。

・わかり難い点がありましたら何でも教えてください。
 随時、修正を行なって「解りやすい講座」を目指したいと思っています。
 ご協力よろしくお願いします。

・内容のそのまま転載はご遠慮ください。
 当ブログへのリンク、当記事へのリンク(トラックバック)は大歓迎です。
 リンクの連絡いただければ、即座に相互をお願いすると思います!

【2000/01/19 23:59】 動画作成講座 | TRACKBACK(1) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
1-1. Windows フォトストーリーをインストールする
1-1. Windows フォトストーリーをインストールする

まずはフォトムービー作成に使用する「Windows フォトストーリー」をダウンロードします。
現時点(07/07/13)で最新の「Windows フォトストーリー3」を使用します。

まずは、 Microsoft Photo Story 3 for Windowsのページを表示してください。
(クリックでページが開きます)

ページが表示されたら
PStory_Config01.png
ダウンロード→」ボタンをポチっとな。

ダウンロードセンターのページが表示されたら
PStory_Config02.png
続行」ボタンをポチっとな。

ここで正規のWindowsが使用されているかの認証が行われます。

認証されれば、ボタンが「ダウンロード」に変わりますので
PStory_Config03.png
ダウンロード」ボタンをポチっとな。

ダウンロードされたセットアッププログラム(PStory.msi)を実行してください。

基本は「次へ」をクリックでOKです。
PStory_Config04.png

PStory_Config05.png

PStory_Config06.png

PStory_Config07.png

PStory_Config08.png

PStory_Config09.png
この辺りは無問題と思います。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・


【2000/01/18 23:59】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2-1. 自動作成で作成してみる
2-1. 自動作成で作成してみる

インストールが終わったら、さっそく作成してみましょう。
フォトストーリーには自動作成の機能を備えていますので、ボタンを5回クリックするだけで作成完了してしまいます。
もちろん自分で細かく調整する事も出来ますが、まずはどんな感じなのか作成してみましょう。


・事前準備として 素材の準備
フォトムービーで使用する画像を準備します。この時、画面全体のスクリーンショット画像でも良いのですが
出来れば使いたい部分より「ちょっと大きめ」に切り取っておくのが良いです。この切り取りサイズはバラバラでOKです。
フォトストーリーでサイズ調整、縦横比の調整をしてくれます。


① Windows フォトストーリー3の起動
Windows フォトストーリー3を起動します。
PStory_Auto01.png

新規作成の場合は、新しいストーリーを作成するを選択して「次へ」ボタンをクリック。
PStory_Auto02.png


② フォトムービーの自動作成 - 画像をインポートして配置
まず「画像をインポートして配置します」画面になります。
PStory_Auto03.png

画像のインポート」ボタンで画像を選択するか、画像ファイルのドラッグ&ドロップで登録されます。
登録した後に、画像の順番を入れ替える事もできます。その場合は画像をドラッグするか、右にある矢印ボタンで移動できます。

次へ」ボタンを押す前に「境界線の削除」を押しておく事をオススメします。
この処理が先ほど言っていました「縦横比の自動調整」を行う事になります。
これをしておかないと縦横比の合っていない部分が黒くなってしまいます。

ここで「すべて使用」ボタンを押すと、登録されている全画像に対して「縦横比の自動調整」が行われます。
PStory_Auto04.png

画像の登録と、境界線の削除が終わったら「次へ」ボタンをクリック。


③ フォトムービーの自動作成 - 画像にタイトルを追加
画像にタイトルを追加します」画面になります。
PStory_Auto05.png
ここでタイトル文字の追加を行えます。
特につける必要がなければ「次へ」をクリック。


④ フォトムービーの自動作成 - 画像にナレーションを付けアニメーションをカスタマイズ
画像にナレーションを付けアニメーションをカスタマイズします」画面になります。
PStory_Auto06.png
自分の声をマイクから録音してナレーションを追加する機能ですが・・・ここではナレーションは無しで。

アニメーションは、画像をカメラワーク(パン、チルト)で動かしたり、ズームインズームアウトしたり出来ます。
画像の表示時間や、次の画像への切り替え効果などもここで設定します。

ですが、この時点でアニメーション効果が自動で設定されています。

自分で細かく設定を変更する事もできますが、それは次のステップで行うとしまして・・・今回はそのまま「次へ」をクリック。


⑤ フォトムービーの自動作成 - BGMを追加
次に「BGMを追加します」画面になります。
PStory_Auto07.png
ここでムービーにBGMを付ける場合、音楽ファイルを選択します。
今回はBGM無しという事で「次へ」をクリック。


⑥ フォトムービーの自動作成 - ストーリーを保存
ストーリーを保存します」画面になります。
PStory_Auto08.png
ここまでの手順で作成したフォトムービーのサイズを選択し、名前を付けて保存します。
品質の設定」でムービーの再生サイズや品質を選択できます。

コンピュータ用プロファイル -2 (640 x 480)」あたりが妥当かな?と思いますが色々試してみてください。
今回はこれで「次へ」をクリック。


⑦ フォトムービーの自動作成 - 完了
PStory_Auto09.png
これで作成終了です。「ストーリーの表示」で作成されたフォトムービーを再生して確認する事も出来ます。

後々、さらに手を加えようと思うなら「プロジェクトの保存」で編集用プロジェクトを保存しておいてください。
納得いくムービーが完成し、もう手を加えるつもりがなければプロジェクトの保存は不要です。

終了」で完了します。


簡単だったと思います。
アルバム的な使い方であれば、この自動作成された物で十分魅力的な作品が出来上がっていると思います。
ですが、細かな点やストーリー的な使い方をするのであれば、アニメーション効果・再生時間・切り替え効果などを
自分で指定する事で、より良い作品に仕上げていく事ができます。

では次のステップで、細かな設定を行ないましょう。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/17 23:59】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2-2. 自分で手動設定して作成してみる
2-2. 自分で手動設定して作成してみる

ここでは、アニメーションの効果再生時間切り替え効果を手動で設定する方法を紹介します。
はっきり言って簡単ですよ!

前ステップで紹介した ④ フォトムービーの自動作成 - 画像にナレーションを付けアニメーションをカスタマイズ の画面で
PStory_Custom01.png
編集したい画像を下の一覧から選択し、「アニメーションのカスタマイズ」ボタンをクリックします。


アニメーションのカスタマイズ」画面になります。
PStory_Custom02.png
まず、「アニメーションの開始位置と終了位置を指定する」にチェックを入れる事で自分での編集が出来るようになります。


続いてアニメーションの効果の設定。
PStory_Custom03.png
基本的には「開始位置」と「終了位置」を左右の画像上で指定するだけです。
この「開始位置」と「終了位置」の位置・サイズによって効果が生まれます。もちろん、パンとズームインの複合なども可能ですよ。


画像の再生時間は下にある「画像を表示する秒数」で、0.1秒単位で設定できます。
PStory_Custom04.png


また、画像の切り替え効果は「切り替え効果」タブをクリックして
PStory_Custom05.png
切り替え効果を選択するだけです。

PStory_Custom06.png
設定した内容は上の画像でも確認できますし、「プレビュー」ですぐに効果を確認できますので、確認しながら色々と試してみてください。

気に入った内容に設定できたら、「保存」ボタンで変更内容を確定して、「閉じる」で終了します。
いきなり「閉じる」を押した場合でも、内容変更していると保存するかを聞いてくるのでご安心を。
これを繰り返していく事で、アニメーション効果と再生時間を設定する事ができます。



BGMの付加は、前ステップで紹介した ⑤ フォトムービーの自動作成 - BGMを追加の画面で
PStory_Custom07.png
まず、BGMを付加したい画像を選択します。
つまり、途中からBGMを変えたりする事もできる訳ですね。

自分で準備した音楽ファイルを選択する場合は「音楽の選択」をクリック。
使用できる音楽ファイルの形式は、mp3、wave、wmaの3種類です。

BGMは自分で準備しなくても、Windowsフォトストーリーがいくつかの種類のBGMを準備しています。
その場合には「音楽の作成」をクリック。

ジャンルやテンポ、強弱を選択できますので雰囲気にあった音楽にカスタマイズできます。



いかがでしたでしょう。非常に簡単だったと思います。
ここは技術力よりもセンスが試される場所ですので、とにかく色々と試してみながら
作成する時のイメージを固めていってください。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/16 23:59】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
3. 動画をブログに公開する(動画形式の変換)
3. 動画をブログに公開する(動画形式の変換)

さて、動画をブログに掲載する方法ですが・・・実はここで問題がありまして
フォトストーリーで作成した動画を私がひいきにしている動画ポータルサイト FlipClipにアップすると
なんとエラーになってしまい、公開する事が出来ません。

サポートに問い合わせてみますと、フォトストーリーで作成した動画の形式は、FlipClip側の変換エンジンが未対応との事でした。
ですので、将来的に対応の可能性はあるものの、現時点(07/7/13)でブログに公開する選択肢は2つ。

1.FlipClip以外の動画ポータルサイトを利用する

フォトストーリーで作成した動画のアップは、MovieCasterYouTubeでは問題ないそうです。
(実際に試していないので正確な情報ではありませんが・・・)

YouTube
いまや説明不要の動画共有ポータルの本家。英語サイトですが、規模・ネームバリューは最高。
容量100MB、10分までの動画ファイルを掲載できます。

MovieCaster
日本語サービス。自分はFlipClipと最後まで比較検討したサービス。
容量100MB、保存容量500MB。容量が足りなくなったら別IDを取得すればOK。

などなど、他にもたくさんありますので自分の用途にあったサービスを探してみてください。


2.FlipClipで対応している形式に再変換する

FlipClipで対応している形式に再変換する事でFlipClipにアップする、という方法です。
ただし再変換を行いますと、どうしても画質が劣化してしまいます

ですが、FilpClipの使い勝手の良さや、過去の資産もありましたので、私は再変換して FlipClipにアップする方法をとりました。



という訳で、動画形式の変換方法を紹介します。
ここでは、フォトストーリーで作成したwmv形式の動画を、MPEG形式の動画に変換する方法です。


1.TMPGEncのインストールと事前準備

動画の形式変換にはTMPGEncというフリーソフト(無料!)を使用します。

まずは「TMPGEnc Net」のページに行き、上段メニューにある「Download」をクリックします。
PStory_Conv01.png

クリックすると「TMPGEnc 無料版ダウンロード」の画面が開きますので、「Download」をクリックしてダウンロードします。
PStory_Conv02.png

ダウンロードしたファイル(TMPGEnc-2.524.63.181-Free.zip)はzipで圧縮されていますので、解凍します。
zipの解凍方法については個人の環境により方法が異なりますので説明は割愛させて頂きます。
(WindowsXPであれば、zip解凍はエクスプローラから行えます)
PStory_Conv03.png
セットアッププログラムはありません。解凍した中にあるプログラムが実行ファイルになります。


これで事前準備は完了です。


2.変換作業

ではさっそく変換作業に入ります。まずTMPEncを起動します。
PStory_Conv04.png
準備で解凍したファイルの中にある TMPGEnc.exeを実行します。


プロジェクトウィザードが起動しますが、「キャンセル」で閉じてください。
PStory_Conv05.png


映像ソースの「参照」ボタンをクリックし、フォトストーリーで作成したwmvファイルを選択します。
この時、ファイルの種類を「すべてのファイル」に選択しないとwmvファイルは表示されないので注意です。
PStory_Conv06.png

ファイルを選択しますと、音声ソースのファイル名と、出力ファイル名も自動的にセットされます。
出力ファイル名の変更の必要があれば変更してください。基本的にはそのままで問題ないと思います。


最後に「圧縮 開始」ボタンをクリックすると、画像の変換が始まります。
PStory_Conv07.png


圧縮が完了すれば、フォトストーリーで作成したwmv形式ファイルを mpeg形式ファイルに変換完了です。
この変換後のmpeg形式ファイルであればFlipClipにアップロードできます。


FlipClipへのアップ方法はコチラへどうぞ!


お疲れさまでした。



目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/15 23:59】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2-3. ちょっとした小技で見栄え良く
2-3. ちょっとした小技で見栄え良く

ここでは、ちょっとしたテクニックでフォトムービーに効果を付けてみます。


サンプルムービー



この前半部分、キャラ紹介のところで、カラー画像→モノクロ画像→キャラ表示といった効果をつけています。
この効果は標準の効果では表現できません。このやりかたを説明します。これを応用すれば他にも色々な表現ができるようになります。
種明かしからしてしまえば、パラパラ漫画の要領です。

まず、画像加工ソフト等を使用して画像を準備します。
PStory_kowaza01.png
ベースの画像です。

PStory_kowaza02.png
ベースの画像をモノクロ化したものです。

PStory_kowaza03.png
キャラがアップされている画像は、力技でえっちらほっちら切り取って貼り付けたものです。


これを切り替え効果:クロスフェードで表示していくだけです。
PStory_kowaza04.png
じわっとモノクロに変化していきます。

PStory_kowaza05.png
じわっとキャラが浮かび上がっていきます。

これの応用で、真っ白の画像へクロスフェードすることで、標準にはない「ホワイトフェード」を実現したり・・・
(ブラックフェードは標準の切り替え効果にあります)
PStory_kowaza06.png

タイトル表示部分で「カニング グループクエスト編」と2行で書いているサブタイトルを
V字形塗りつぶし(右へ)を使用して、順に表示するように設定したりできます。
PStory_kowaza07.png


どうでしょう?このように足りない機能を小技を使うことで実現することができます。



次のステップへGo! 次のステップへGo!
目次ページへ戻りたい・・・ 目次ページへ戻りたい・・・

【2000/01/14 23:59】 動画作成講座 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
FAVORITE BLOG RSS

Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット スタッフブログ

PAGE VIEW
Unique Counter  (2008.5.1よりカウント開始)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。